Tatami Technical Management

Information
厚畳
八重畳
四天付拝敷
円型畳

このホームページは
TTMクラブが管理・運営をしています。


鐘小台

鐘など仏具の台として使用され、六角・八角・円など様々な形がある。

鐘の台としては、台になる材料が畳表のみで造ることが一番望ましく、響きが最も良いとされる。藁床・ボード床などでも作られることが多くなっているが、あまり軽量なのは安定度に問題がある。

六角形にしても、紋の表し方に色々な形があり、大きさや厚さに応じて設定されると良い。また、写真の円型の鐘小台には中央に穴を開けている。これは最も音の響きをよくする為の造作である。

六角紋の表し方

鐘小台の造作(六角)

材料  畳表 (1枚の厚み約8厘と計算して、仕上がりの厚みに必要な枚数)

    高麗縁(紋の表し方によるが、通常六角の周囲+縫い代部分の長さ)

工程1.寸法を決める

1. 紋の表し方を決め、それに応じての寸法(一辺の長さや、厚み)を決める。

工程2.台(床)を作る

1. 表面の表には別に1枚裏張りを、裏の表にも1枚裏張りをする計算で、芯になる床の厚みに対するござを準備し、重ね、六角の印を入れその内側を千鳥縫いで軽く締める。

2. 角がばらつかない様にして、六角に落とす。

工程3.縁を作る

1. 紋縁の両端を縫いとめて、輪になるように準備する。

工程4.平刺しをする

1. 六角のそれぞれ角から対角線を確認し、平刺しの内側の範囲で線を引いて、縫い位置を見つける。

2. 縁は、それぞれ側面に当たる紋様に注意し、先ほどの対角線との合流点まで平刺しをする。

3. 一辺が終われば、続いて先に平刺しを進める。

工程5.縁を返す

1. 角の縁の重なりを一定にし、また余分な部分を切り取って縁を返す。

2. 紋縁を裏に回し、角を作りながら仮止めする。

工程6.縁の合掌をつくる

1. それぞれの角の合掌をつくり、木綿糸で絎ける。

2. 裏の合掌にも、糸で絎ける。

工程7.返しを入れる

1. 裏の縁に対して、先の曲がった針などで目立たぬように返し縫をする。

工程8.仕上げ

1. 全体に霧吹きをし、アイロンで丁寧に押さえ仕上げる。

↑ PageTop | Next >> 
Copyright (C)  TTMclub