Tatami Technical Management

Information
厚畳
八重畳
鐘小台
円型畳

このホームページは
TTMクラブが管理・運営をしています。


四天付拝敷

畳表1〜3枚程度で、礼拝の座具となるもの。四天とは、四天王のことで東西南北の四方を守護する四神のことです。

東に持国天王  (冶国安民)
西に広目天王  (千里眼)
南に増長天王  (万物の生と知識を生み出す神)
北に毘沙門天王 (北方の仏の道場を守り、常に説法を聞いているので多聞天ともいう)

四天における紋の数については、7・5・3紋で表す。7・5・3というのは人生の厄年を表す数字で、それを払うために四天をつける。場合により、以外の数で四天を表しても役目に支障はない。

四天付拝敷の紋数にはいろいろな仕様があります。

例1
例2

標準的な紋数
例3

大本山永平寺にはこのようなのもありました。

拝敷(四天付き)の造作

仕様 : 大きさ 1畳もの

      厚み  畳表1枚

      紋縁  白中紋2重

      四天  15紋(5×3)
材料 畳表1枚

   高麗縁(今回は白中紋)

   和紙またはそれに代わるもの

工程1.寸法を決める

1. 基本的には、施主よりの注文により決まるが、その内で紋が収まる寸法を確認して、丈・幅を決定する。

2. 長物では幅が、半畳物では一辺の寸法になるが、一般的な寸法は紋の数21個(約2尺9寸)になる。

工程2.表張り

1. 一枚もので織りじわがよりやすいので一日前より、表張りをし伸ばしておく。

2. 框の切断部分には、あらかじめ糊や紙を貼って固めておく。

工程3.畳表を寸法に落とす

1. 畳表を大曲に合わしながら、寸法に落とす。

工程4.四天をつける

1. 四天の付ける位置を確認して、和紙を下紙にして平指しをする。

2. 内側になる方の紋縁を折り、縁を返し位置を確認する。

3. 四天を四カ所縫いとめる。

工程5.外周の縁をつける

1. 下付き(框側)の縁を四天の端に重ねるようにして、平指しをし、縁を返しておく。

2. 上付きの縁も同じように四天の端に重ねて、また下付きの縁との出会いを確認しながら平刺しをし、縁をかえす。

工程6.合掌をつくる

1. 下付きの縁の上に、上付きの縁の隅を三角に折り、紋様を合わせながら仮止めをする。

2. 先の曲げた木綿針で絎け縫いをする。

工程7.返しをいれる

1. 裏に返し、返し縫をする。目立たぬように。

2. 框の部分の返し縫には、あまり糸を締めすぎないのがコツ。

工程8.四天を留める

1. 四天の縁の内側を木綿糸で隠すように留め縫いをする。表の山の部分に縫うと目立たない。

↑ PageTop | Next >> 
Copyright (C)  TTMclub