Tatami Technical Management

Information
厚畳
八重畳
四天付拝敷
鐘小台
円型畳

このホームページは
TTMクラブが管理・運営をしています。


しとね

綿入りの畳である。畳表5枚を重ね、鏡と呼ばれる中央部分には、綿を載せ白地の大和錦を被せる。額縁の四方には赤地の大和錦の中に綿を入れて造る。

これに対し、同じ造りではあるが長方形の敷布団的な用途に使われると褥(じょく)と呼ばれる。

茵は、歴史の中で綿入りの畳から、現在の布団と稲藁で造られた畳に分かれる原型であったことが窺(うかが)える。

写真の茵には、鏡にあたる白地の大和錦2枚で幅継ぎをしてある。古来、織物は一定の幅しかなく、広い部分に使用するには幅を継ぐ必要があった。現在では広幅の織物を1枚の幅で使うことができるが、あえて古来の形式をとった。

茵の造作

材料  畳表 半畳5枚

    白地大和錦(白地小葵文様がよく使用される)

    赤地大和錦(龍鬢は青地系統、茵は赤地系統が多い)

    赤い布地(裏張り用)

    綿

    和紙(ハトロン紙可)

工程1.寸法を決める

1. 額縁に使う大和錦の文様を見て、四方の寸法を決める。一般的な大きさは2尺7寸前後で、額の縁幅は3寸程度になる。

2. 芯にあたるござ5枚の寸法は額の中に綿を入れるので、綿の量によるが2〜3分程度小さめに造る。

工程2.芯(床)を造る

1. 畳表5枚を縦横に重ね、千鳥縫いで綴じる。

2. 口から1寸入った部分に平刺しをして固め、寸法に落とす。

3. 和紙で斑のないように包み、糊で固める。

工程3.鏡を張る

1. 紙で包まれた芯の表面に中央や、額の平刺し部分を鉛筆で印をつけておく。

2. 平刺しの線いっぱいに綿を一重広げ、一回り控えて2段目、又控えて3段目と綿をのせる。

3. 芯の中央や曲などに注意しながら、白地の大和錦を被せ、四方に均等に張り、仮止めをする。

4. 大和錦を芯に木綿糸と木綿針で引きながら縫い止める。

工程4.額(縁)をつける

1. 下付きのほうから和紙または柔らかい紙を下紙にして、平刺しをする。但し、綿が多少、側面に回ることも勘定して1分5厘〜2分程度細く位置を縫う。

2. 下付きに続いて、上付きを平刺しする。

工程5.裏張りをする

1. 表面の鏡を汚さないように保護しながら、裏に返して全体に赤い布を張る。

2. シワのないように仮止めをし、糸で縫いとめる。

工程6.額の綿入れ

1. 下付きの縁を返して、中に綿を入れる。

2. 綿は、一重に入れ、隅を造り、糸を隠して返し縫いをする。

3. 続いて、上付きの縁を返して、合掌になる部分を三角に折り、重なる部分の綿の厚みを調整して、縁を返す。

工程7.合掌の仕上げ

1. 合掌の部分の文様に充分注意しながら、先の曲がった木綿針で絎け縫いをする。

2. 四隅の合掌が済めば、上付きの返し縫を行なう。

↑ PageTop | Next >> 
Copyright (C)  TTMclub