Tatami Technical Management

Information

このホームページは
TTMクラブが管理・運営をしています。


目線を通す寸取り法

図1は、2間続きの8畳があり、四つ井敷きになります。また、周囲に廊下があり、2間の畳の目線を遠さなければなりません。しかし、この2間には、多少の歪がありこの場合の寸取り法を紹介しましょう。
1. 取り合いの敷居を含めて、2間を一定の寸法で糸を張る。

2. その寸法を書きとめる。(図2)

3. それぞれの部屋のシミズと周辺の敷居の長さを測る

4. 南側の書き留めた寸法を基準とし、それに対して寸法を割り付ける。(図3)

5. 取り合いの敷居周りもあまり曲を付けたくないので、通し寸法にしておく

6. 1号室は、ほぼ曲消し寸法に仕上がるが、2号室はシミズが消せず、掛けシミズになる。
(3分×0.316=0.948)
このような場合、仕事は大変になるが目線を通すことで遥かに仕上がりがよくなる。必ず実行してもらいたい。

このようなパターンで、例えば8畳4間の場合(図4)

目線を縦横に注意しなければならない場合となる。
この場合は基準となる糸張りを縦横に張り(図5)、それぞれの寸法を基にして、シミズ計算をする。4間とも掛けシミズになる場合もある。

↑ PageTop | Next >> 
Copyright (C)  TTMclub